第24回セーリングヨット研究会議事録


注:Internet Exploreの最新版でご覧ください.(Netscapeでは,図が過大表示されます.)

1.日 時:2003年 11月 29日(土)

        13:00〜17:00 研究会
        18:00〜    懇親会


2.場 所:

        研究会 - 東京大学山上会館大会議室
        懇親会 - SAVINI 上野広小路店


3.出席者:(敬称略、順不同)

安倍光弘,新井英行,市川昌幸,今北文夫(研究会のみ),楳田壽雄,大橋且典,木下健(懇親会のみ),小暮欣也,小林寛,桜井晃,高石敬史,高橋太郎,
寺尾裕,西川達雄,林賢之輔(研究会のみ),東野伸一郎,深沢塔一,藤瀬雄輔,堀内浩太郎,増山豊,松井亨介,丸尾孟,山口眞裕,横井達郎
----------(以上、24名)
【参加者の写真はこちら】

4.議 事

(0)会員近況報告


 前回議事録の特記事項にも記載しましたように当研究会も発足後10年を経ました ので、運営スタッフの若返りを図ることにし、今回より運営幹事として小林寛さんと 西川達雄に加わって頂きました。
 今回の会場および懇親会の手配などは全て小林さん と西川さんにお願いし、おかげさまで素晴らしい環境での研究会となりました。
 恒例の会員近況報告では、やはり琵琶湖でのヨットの沈没事故のことに皆さん関心 をお持ちのようでした.



(1)コンセプトボートならびにセールテスト用随伴艇     堀内 浩太郎

 今までにお話したセールや細いシーカヤックのテストをするのに随伴艇がなくて不便でした。しかし鎌倉はモーターボートを置くのに不便なところなので自宅から気楽に運べるカートップボートを自作しました。折角作るなら画期的に軽い舟を作ろう。そして折角なら私一人のためだけでなく、釣り人に喜ばれる舟にしてみたい、そう考えて作った舟です。金井さんからスティッチ&グルーの舟を見せてもらって、その軽さに驚いていたので、自分も作ってみたいという気になったこともあります。→全文はこちら



(2)エアロ型リグの空力特性     大橋且典

平成14年度
農林水産業・食品産業等先端産業技術開発事業
資源エネルギー有効利用技術の開発
社団法人 海洋水産システム協会

の開発事業の一環として、エアロ型リグの空力試験を行ったので報告します。
(このレポートはすべて、上記報告書からの抜粋です)
大阪府立大学船舶試験水槽にある高速曳引車を用いて、模型リグを水上にセットし、 空中を曳引し、検力計により流体力を計測しました。
  →詳細はこちら


(3)小型船舶の復元性基準に関してISOの設計区分と我が国船舶安全法の航行区域との関連について―JCIにおける検討結果紹介     高石 敬史

小型船舶の復元性基準に関してISOの設計区分と我が国船舶安全法の航行区域との関連について,JCIにおける検討結果をご紹介いただきましたが,現段階での内容の公開については控えさせていただきたいとのことですので,ご了承ください.
 



(4)船舶の性能     山口 眞裕

関西造船協会の別刷りを配布し,この内容についての説明に変えて、雑誌「船と海のサイエンス」の編集の際に、風に対する帆の角度について山口の疑問を報告した。これに対して、会場の皆さんにより横帆であるので、図は間違っていないというご指摘があった。なお、帆は風に対して30度以内ということが確認出来た。



(5)「風神」を用いた弁才形帆の空力特性試験速報ならびに琵琶湖ヨット遭難事故に関する1考察     増山 豊

セールダイナモメータ船「風神」を用いて、弁才形帆の空力特性試験を行った。「風 神」はニッポンチャレンジ・アメリカ杯1995委員会のもとで、日本からの挑戦艇 を開発するための実験艇として建造された。船内にセール流体力を直接測定する特殊 なロードセルシステムを搭載しており、1/2スケールのセールを展開してセール形状 と流体力を同時に測定することができる。 今年度、九州大学桜井先生のご協力を得て計測システムを更新し、弁才形帆の空力実 験を行った(写真(右舷側から), 写真(左舷側から), 写真(スターン側から))。実験は終了したばかりで、現在データ解析中であり,公開できる段階にないが、実験中の下手まわし(ジャイビング)と上手まわし(タッキング)の様子を動画で示す。このような形の帆の上手まわしが、かなり大変な作業であることを感じて頂ければ幸いである。
なお、”琵琶湖ヨット遭難事故に関する1考察”についてはあくまで推定の域を出ない考察であるため、公開は控えさせて頂きたい。

下手まわし(ジャイビング)の船上での映像 (avi,20Mb)
下手まわし(ジャイビング)の伴走艇からの映像 (avi,35Mb)
上手まわし(タッキング)の船上での映像 (avi,24Mb)
上手まわし(タッキング)の伴走艇からの映像 (avi,38Mb)



5.懇親会

 講演会終了後、SAVINI 上野広小路店において盛大に懇親会を行いました。今回の研究会から,運営スタッフの若返りを図ろうということで,会場および懇親会の手配を小林さんと西川さんにお願いしました.おかげさまで,立派な会議室での研究会に加え,懇親会も大いに盛り上がりました.今回の研究会および懇親会の開催にご協力いただきました皆様方へ厚く御礼申し上げます.
【写真はこちら】


7.次回予定

   日時:平成16年3月13日(土)
   場所:練習船 青雲丸 船内において
      東京港内 豊海水産埠頭
     (地下鉄の銀座,築地またはかちどき駅ないしはJR有楽町,東京駅南口からバスにて。
      もっとも近い大江戸線かちどき駅からは豊海水産埠頭行きバスで終点まで5分,
      その後徒歩5分程度の所要時間となります。)



(文責;増山,東野。なお一部の講演要旨は講演者ご自身に記述いただきました。)

 SYRAホームページへ